関連情報です。 お役立て下さ〜い♪

カザフスタン 経済カテゴリの記事一覧

カザフスタン 経済

カザフスタンファンド(投資信託)を目見ていく前に、カザフスタンの経済状態を掴んでおきましょうるんるん

GDPは407億ドル、1人当たりGDPは2714ドル、失業率は8.4%(いずれも2004年)であり、独立後の経済状況に比べ、著しい飛躍を遂げています。

この経済成長は、鉱物資源の輸出によるものであり、天然資源依存型です。

なおソビエト時代の1955年にバイコヌール宇宙基地が建設されたんですが、ソビエト崩壊後の1994年、バイコヌール基地をロシアが占有する代わりに、カザフスタンに毎年1億1500万USドルの基地使用料を支払うことで両国が合意し、この契約は2050年まで続く見込みです。

カザフスタンは、鉱物資源に恵まれています。ぴかぴか(新しい)

例えば、採掘量が世界第10位以内に達する地下資源が9つも存在します(2002年時点)。エネルギー資源では石炭とウランが有望で、輸出品目も地下資源とその加工品が7割を占めていて、原油(49.4%)、鉄鋼(12.0%)、銅(7.5%)という状況です。

有機鉱物資源では、石炭(7218万トン、世界第10位、世界シェア1.9%)が優位でです。品質が高いので、同国で産出する鉄と組み合わせて鉄鋼を生産しています。ですが、燃料に向く低品質の亜炭(261万トン)は少ないです。原油(3606万トン)の産出量は世界シェア1.1%に達し、天然ガスは453千兆ジュールと多くはありません。

金属鉱物資源の採掘量、世界ランキング、世界シェアは以下の通りです。

* 亜鉛鉱(39万トン、世界第7位、世界シェア4.7%)
* ウラン鉱(3300トン、世界第3位、世界シェア9.2%)
* 金鉱(27トン、世界シェア1.1%)
* 銀鉱(892トン、世界第9位、世界シェア4.5%)
* クロム鉱(102万トン、世界第2位、世界シェア17.6%)
* コバルト鉱(300トン)
* 鉄鉱(870万トン、世界シェア1.5%)
* 銅鉱(49万トン、世界第10位、世界シェア3.6%)
* 鉛鉱(4万トン、世界シェア1.4%)
* ニッケル鉱(3000トン)
* ボーキサイト(438万トン、世界第9位、世界シェア3.0%)
* マンガン鉱(44万トン、世界第8位、世界シェア5.4%)

このほか、非金属鉱物資源として、硫黄(210万トン、世界第7位、世界シェア3.6%)とリン鉱石(1万7000トン)を採掘しています。

資源が沢山ある国って、ほんと羨ましいですねるんるん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。