関連情報です。 お役立て下さ〜い♪

カザフファンド 米原発30基?!

カザフ・イーグル・ファンド(カザフスタンファンド)にいいお話ですよ〜!
アメリカで30基もの原発が作られるかも知れないんですって!
日本だと柏崎原子力発電所のことで、やっぱり原発は危険だ〜!って雰囲気ですが、原油がこうも上っちゃうとね、原料価格上昇ってことだけじゃなく、ロシアが益々強くなっちゃうことを懸念してのことなんでしょうね。
資源国って、ほんといいですね〜♪
日本もカザフスタンみたいにウランや原油出てこないかなぁ・・・


米、30年ぶり原発新設へ ブッシュ政権が後押し

8月2日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】米原子力規制委員会NRC)は1日までに、1979年に起きたペンシルベニア州のスリーマイル島原発事故以来初めて、原発の新規建設の認可申請を受理した。輸入原油の依存脱却と温室効果ガス削減を図るため、ブッシュ政権は原発新設を後押ししており、今後も申請が相次ぐ見通し。凍結されてきた新規着工が、約30年ぶりに動き出す。

 米電力大手コンステレーション・エナジー・グループ社と仏原子力大手アレバ社の共同企業体「ユニスター・ニュークリア」がメリーランド州のカルバート・クリフス原発の3号機として、アレバが開発した欧州加圧水型軽水炉(EPR)を建設する計画。

 米国では、原発の建設と完成後の運転を同時に申請して審査する建設・運転の一括認可(COL)が採られている。ユニスターはまず「環境影響評価」を7月13日付でNRCに申請した。半年後に「安全評価」も申請、審査完了には3年以上がかかる見通しだ。

 米国では100超の原発が全電力の20%を供給しているが、老朽化が進み、電力供給の半分は二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭の火力発電が占めている。

 ブッシュ政権は「エネルギー安全保障と地球温暖化防止が両立できる」として、CO2を排出しない原発推進に舵を切り、税額控除や建設費の債務保証などの優遇制度を設けている。

 これまでに計30基の新設計画が明らかになっており、2009年までに計19基が申請される見込みだ。拡大する電力需要に対応するには、「15年から毎年3基の原発新設が必要」(エネルギー省)とみられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000098-san-int
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。